NAHAマラソン公式サイト

新着情報

新着情報

« 前の5件 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 次の5件 »

[2005-12-09] 完走者の記録発表について

ジョガーの皆さん、大会お疲れ様でした。その後のコンディションはいかがですか?
完走者の皆様の記録は、現在データをアップするための調整を行っております。
12月14日(水)、「完走者情報」のページに公開し、検索可能になる予定です。今しばらくお待ち下さいませ。


[2005-12-03] NAHAマラソンは風水の縁起を担いで走ろう!

「風水トレーニングブックNAHAマラソン編」は、風水トレーナー四午(しうま)氏による、NAHAマラソンを風水分析した本。右回りであるNAHAマラソンは、東から昇る太陽が幸運を運び西に沈む太陽で実る、太陽暦に合ったコースなのだそうです。

 ●風水的に見たNAHAマラソンのコース
 ●コースのラッキースポット
 ●三合法を使った給水ポイント
 ●マラソン後3日間の過ごし方
 ●当日身につける「勝負鳥」

・・・など、風水から見たNAHAマラソンの解説ほか、ジョガーの皆さんにささやかなラッキーをもたらす話題が掲載。定価は880円です。
3日、4日奥武山公園サブグラウンドにて発売されています。


[2005-12-02] 韓国選手団が来沖しました!

12月1日夜10時ごろ、韓国招待選手のチン・ミンタミさん、ファン・ジョンさん、チャン・ジョンアさん、コンスヨン監督ほか、慶北中部新聞社からお二人が来沖され、那覇空港国際線ロビーで歓迎式典が開かれました。

山里NAHAマラソン協会事務局長からは、「韓国と沖縄の相互交流が深まることを願っています」と挨拶をさせていただきました。
選手へは、エメラルド那覇の瑞慶覧江利加さんと、コーラル那覇の鉢嶺美香さんから、権純永監督と韓国・中部新聞の金洛煥会長に花束が贈られました。

招待選手で2時間58分の自己記録を持つファン・ジョンさん(20)は「目標はもちろん優勝です」と語りました。
いよいよレースは明日。皆様の温かいご声援をよろしくお願いいたします。


[2005-12-02] 連続完走者のナンバーカードについて

NAHAマラソン協会では、今回から連続完走者のナンバーカードを青色に変更しました。
沿道の皆様は、青色のジョガーの方を見たら「連続完走がんばれ」と声をかけてあげてくださいね!

現在の20回連続完走者は195名の皆さん。今回大会終了後、21回連続完走された方のお名前を発表します。
皆様の日ごろの練習成果が実るよう、スタッフ一同お祈りしております。


[2005-12-01] 記者会見を行いました

本日13:30より那覇市役所にて記者会見を行い、伊藝美智子那覇市助役より大会長コメントを発表しました。
戦後60年となる今年の大会は、改めて鎮魂への思いを確認し、平和を感じるためのスポーツイベントとして沖縄から全世界へ平和の発信を行うことを宣言しました。

 <発表内容>

 ●参加申込総数は22,805名。
  県内:16,567名、県外:6,238名
  (県外5,807名、外国431名)

 ●「万国津梁之鐘」を撞いていただくのは、空手家・豊見城あずささんと
 興南高校ハンドボール部の皆さん。
 豊見城あずささんは東アジア大会での団体金メダルを始め、
 全日本実業団選手権において2度目の優勝を果たした世界を代表する空手家。
 興南高校ハンドボール部の皆さんは、日本選抜大会、
 全国高校総体、国体の3冠という偉業を達成されました。

 ●完走証には、NPO法人「千羽鶴未来プロジェクト」の協力を得て、
 平和祈念資料館にささげられた千羽鶴を再生し作られた完走証を発行します。

 ●マスコットキャラクターは、“太陽と海”をモチーフに、
 大胆な色づかいで元気さ・明るさが表現された静岡県の杉山浩さんの作品。
 名前は、広島県の中川英子さんからの作品、「なはっぴー」を採用しました。
 愛称には、自己との戦い、ゴールしたときの達成感、
 応援する人々など大会がきっかけでつながるすべての人が
 感動と幸せな気持ち=HAPPYになり、心の架け橋となるよう
 思いが込められています。

 ●男女優勝者の副賞として、2006年2月12日開催の
 「第10回香港国際マラソン」に2名を招待いたします。

大会が安全で楽しく円滑に運営されるためには、マラソンコース沿道の地域の皆様やボランティアの皆様、また、関係機関のご協力が不可欠です。これまでにもまして、ご支援・ご協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


« 前の5件 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 次の5件 »