大会医療・救護体制

第33回NAHAマラソン医療救護体制(2017)

コースマップ

気象状況(気象庁データ)

時刻天気気温(℃)温度(%)風向暑さ指数 WBGT
奥武山公園平和祈念公園豊見城市役所
9:00 くもり 21.2 85% 北東5.6m 21.4 20.7 20.8
10:00 くもり 21.9 80% 北東6.0m 22.6 21.2 21.4
11:00 くもり 22.1 78% 北東5.3m 21.5 22.3 21.6
12:00 くもり 22.9 74% 北東4.7m 24.7 26.0 23.1
13:00 あめ 22.7 76% 北東5.4m 21.5 23.1 21.3
14:00 あめ 21.8 83% 東北東5.3m 20.2 21.0 20.4
15:00 あめ 20.8 90% 北東3.4m 23.4 20.3 20.3

NAHAマラソンWBGTの推移

搬送について

救急要請 病院搬送 救護所搬送 重篤 AED
44 20 59 0 0

※病院搬送20件の内、2件は病院救急車での対応(第2救護所)
※救護所搬送59件の内、41件は担架隊・車イス隊・消防団による搬送

搬送イメージ

救護所一覧

救護所 医療機関
第① 奥武山救護所 那覇市立病院
第② 東風の里 南部徳洲会病院
第③ JAおきなわ具志頭支店 県立南部医療センター・こども医療センター
第④ 第1制限地点(平和祈念公園内) 沖縄赤十字病院
第⑤ 優美堂駐車場 沖縄協同病院
第⑥ かねひで真栄里店 大浜第一病院
第⑦ 居酒屋「源」 豊見城中央病院
第⑧ イオン那覇店 那覇市医師会
受入待機 南部病院

第①、③、⑤は診療所開設

救護所イメージ

受診者の主訴内容

主訴及び診断 件 数 主訴及び診断 件 数
熱中症 3 けいれん(全身・下肢) 4
熱けいれん 14 外傷 2
脱水症 5 しびれ・つり(全身、手足) 4
嘔気、嘔吐 10 過かんき 1
熱疲労 3 擦過傷・裂創 3
めまい 2 下肢痛 2
気分不良 2 足のうらまめ 2
意識障害 4 ぎっくり腰 1
失神 1 過呼吸 2
たちくらみ 1 こむら返り 1
両下肢 1 筋肉痛 1
意識消失 1 ひざ痛 2
骨盤の痛み 1 症状不明 25
ふらつき 1

受診者イメージ

AED隊

編成

隊数 人数
自転車隊 6 6
徒歩隊 13 26
19 32
AED使用 0
AED隊イメージ

配置場所

No 種 別 場 所 個数 No 個数
1 警備班 第2救護所(東風の里) 2 16 AED(徒) 31km 糸満ロータリー付近 1
2 AED(徒) 12kmマックスバリュー付近 1 17 AED(徒) 32km カインズホーム付近 1
3 AED(徒) 14km COCOストアー跡地付近 1 18 AED(自) 34km 阿波根交差点付近 1
4 AED(徒) 15km 南部工業高校交差点付近 1 19 警備班 第7救護所(居酒屋「源」) 2
5 AED(徒) 16km JA給油所付近 1 20 AED(自) 36km 名嘉地交差点付近 1
6 警備班 第3救護所(JAおきなわ具志頭支店) 2 21 AED(徒) 37km ゴーヤレンタカー付近 1
7 AED(自) 20km 仲座交差点付近 1 22 AED(徒) 38km スカイスポーツ付近 1
8 警備班 第4救護所(第1制限地点 平和祈念公園内) 4 23 AED(徒) 39km オートバックス付近 1
9 AED(徒) 22km 海の見えるレストラン跡地付近 1 24 AED(自) 40km リンガーハット付近 1
10 AED(徒) 24km 米須交差点付近 1 25 警備班 第8救護所(イオン那覇前) 2
11 警備班 第5救護所(優美堂駐車場) 2 26 AED(自) 41km 奥武山公園駅付近 1
12 AED(徒) 26km 波平交差点(琉球ガラス村)付近 1 27 警備 ゴール 奥武山 4
13 AED(徒) 28km 小波蔵交差点付近 1 28 赤バイ 二輪救護隊① 1
14 AED(自) 29km 南部病院付近 1 29 赤バイ 二輪救護隊② 1
15 警備班 第6救護所(かねひで) 2 警備班 20
AED隊 19
二輪救護隊 2
41

PUSH講習会

日  時12月2日(土)10時~17時
場  所県立武道館 1階錬成場
主  催沖縄PUSHネットワーク・NAHAマラソン協会
運  営社会医療法人仁愛会 浦添総合病院、県立南部医療センター・こども医療センター、琉球大学医学附属病院、SOLA沖縄保健医療工学院
申込方法NAHAマラソンHPから沖縄PUSHネットワークHPへ誘導
対  象どなたでも受講可能です
受講料無料

第33回大会の受講者→203名(32回大会120名)

PUSH講習会イメージ

メディカルランナー

安心・安全なマラソン大会を目指し、救護体制のさらなる充実を図るため、医師、看護師、消防職員を対象にメディカルランナーを募集し、49名の方にご登録頂きました。

募集期間:2017年6月19日~9月29日
応募資格:医師、看護師、救急救命士、または消防職員の方で救命活動をすみやかにおこなえる方
登録者:49名
メディカルランナーイメージ

その他の取り組み

全参加者へ送付するナンバーカード通知書への「健康チェックリスト」と「スタート前チェックリスト」の同封(日本語・英語・中国語)とナンバーカード裏面への活用(緊急連絡先等記入欄)

【日本語】

メディカルチェックリスト日本語イメージ

【英語】

メディカルチェックリスト英語イメージ

【中国語】

メディカルチェックリスト中国語イメージ

【ナンバーカード裏面】

ナンバーカード裏面イメージ

救護体制

総人数465名

関係団体

那覇市立病院、沖縄県立南部医療センター・こども医療センター、沖縄赤十字病院、
南部徳洲会病院、沖縄協同病院、豊見城中央病院、おもと会大浜第一病院、那覇市医師会、
友愛会南部病院、浦添総合病院、琉球大学医学部附属病院、ハートライフ病院
那覇市消防局、東部消防組合消防本部、島尻消防清掃組合消防本部、糸満市消防本部、
豊見城市消防本部、浦添市消防本部、那覇市消防団、SOLA沖縄保健医療工学院、
一般社団法人那覇市観光協会、ボランティア、メディカルランナーの皆さん

医療機関:100名

 第1救護所  那覇市立病院        :28名(医師8名、看護師18名、事務2名)
 第2救護所 南部徳洲会病院     : 7名(医師1名、看護師4名、事務2名)
 第3救護所 県立南部医療センター  : 7名(医師4名、看護師2名、運転手1名)
 第4救護所 沖縄赤十字病院     :13名(医師3名、看護師9名、運転手1名)
 第5救護所 沖縄協同病院      :10名(医師3名、看護師5名、運転手2名)
 第6救護所 大浜第一病院      : 8名(医師1名、看護師4名、理学療法士3名)
 第7救護所 豊見城中央病院     : 6名(医師2名、看護師4名)
 第8救護所 那覇市医師会      : 9名(医師3名、看護師4名、事務・運転手2名)
 救急車同乗 浦添総合病院      : 4名(医師2名、看護師2名)
 院内待機 南部病院   : 6名(医師1名、看護師5名)
 医療コーディネーター 浦添総合病院 : 2名(医師2名)

消防:115名

那覇市消防局、東部消防組合消防本部、島尻清掃消防組合消防本部
糸満市消防本部、豊見城市消防本部、浦添市消防本部、那覇市消防団

SOLA沖縄保健医療工学院 救命救急士学科:66名

AED自転車:6隊6名、AED徒歩:13隊26名、担架隊:4隊11名、
車いす隊:5隊10名、救護所補助:2名

メディカルランナー:49名

医師、看護師、消防職員

通訳・手話通訳:4名

第1救護所(英語1名・中国語1名、手話1名)
第4救護所(中国語1名)

ボランティア:131名

那覇市、八重瀬町、糸満市、豊見城市、赤十字奉仕団からのボランティアの皆さん

救急車及び警備車両:19台

救急車7台(那覇2台、浦添1台、東部1台、島尻1台、糸満1台、豊見城1台)
警備車8台(那覇)
赤バイ2台(那覇)
救護車2台(民間)

以上の団体・個人以外にも、コース沿道その他で、多くの方々のご支援・ご協力を頂戴しております。
関係者一同、心より感謝申し上げます。